EDの原因

EDの原因

EDは主に中高年の男性に起こりやすい症状です。

日本では増加傾向にあるそうで、国内では1000万人を超える人がEDの症状に
悩まされていると言われています。

EDになる原因にはいくつかあるみたいですが、特に多いのが生活習慣病から
EDを発症するケースだそうです。

なかにはEDになったことがきっかけで、生活習慣病にかかっている事を知る
人もいるそうです。

それだけ生活習慣病とEDには深い関係があるのです。

そもそも勃起は陰茎に血流が流れ込むことで起こります。
この血流を流し込み血管に異常が発生すると、どれだけ脳が性的な興奮や刺激を
受けても、正常に勃起しません。

この血管の異常を起こしやすいのが生活習慣病である糖尿病やメタボリックシンドローム
だと言われています。

これらの生活習慣病は動脈硬化を引き起こす可能性が高く、動脈硬化になると
血流の流れがスムーズではなくなるんです。

その結果、勃起が起こりにくい状態になってしまうのです。

このような生活習慣病は、中高年の男性に非常に多く、それが中高年の
EDが多い要因だと言われています。

生活習慣病は長年の生活習慣の乱れが原因です。
なので若いうちから生活習慣を正すことが、将来のEDを回避するためには
とても大事なことだといえます。

]